汀州Japanロゴ 汀州Japanロゴ

或々日記
diary

「いけばな」と「はないけ」

2020/5/1

 いけばなの教室でシェアしたいのは、いけばなの技術もあるけれど

「はな」を「いける」行為の

むこう側に見える景色とこちら側に持っているマインド。

 

 いけばなで右脳が活性化される……などと言っていた頃もあって

それは嘘ではない。

なぜ活性化するのかというと、その空間に右脳を刺激する人がいたから。

いけばなは「はな」とのコミュニケーションである以上に、

「はないけびと」同士のコミュニケーションが面白い。

いつも静かにエキサイトさせてくれる。

ひとりでいけるのは、ちょっと寂しい。

「いけばな」は消費する文化

2020/4/1

 服を買う消費。服が残る。

肉を買う消費。肉は残らないが、腹に入って体をつくる。

花を買う消費。花は残らないし、作品も枯れるし、写真しか残らない。

写真以外に何が残るのか見つけられた人はまた花を買うし、

その花と時間を消費して何かを得た気分になるが、

何を得られたか明言できる人は多くない。

 

 消費のしかたに文化は表れるもので、

生産の現場では文化が嫌われ者の役を演じることがままある

講師の事